ヨーグルトで腸内環境を改善

 

 

便秘の原因のひとつに、腸内の悪玉菌が優位に立っていることが挙げられます。
悪玉菌を減らして便秘解消するには、善玉菌を増やす必要があります。善玉菌にはいくつか種類がありますが、便秘解消に高い効果が期待できるのが乳酸菌です。中でも、代表格とも言えるビフィズス菌は特に重要です。

 

ヨーグルトにはビフィズス菌が多く含まれており、腸内環境を整えるのに役立ちます。しかし、食べ物や飲み物で体外から取り入れたビフィズス菌は、胃酸に弱いため、大半が胃や十二指腸で死滅してしまいます。
特に、空腹時に食べると胃酸の影響を受けやすいので、せっかくヨーグルトを食べてもあまり意味がなくなってしまいます。ヨーグルトは、便秘解消のためには食後に食べるといいようです。

 

生きたまま腸まで届けるために改良されたビフィズス菌の入ったヨーグルトや乳製品も発売されています。飽きが来ないようにフルーツと組み合わせたり、ハチミツを少し加えたりして味に変化を持たせてもいいかもしれません。
上手に食生活に取り入れて、便秘解消したいですね。





頑固な便秘で悩んでいませんか?

そういった方にオススメのお茶がこちら↓↓

頑固な便秘を根本から解決する便秘茶!毎朝すっきり【桃花スリム】

便秘解消におすすめの桃花スリムはこちら
桃花スリム

ヨーグルトで腸内環境を改善関連ページ

ビフィズス菌で善玉菌を増やす
妊婦から乳幼児・赤ちゃんまで便秘に効く便秘解消方法を紹介しています。
オリゴ糖の効用
妊婦から乳幼児・赤ちゃんまで便秘に効く便秘解消方法を紹介しています。
乳酸菌は継続的に
妊婦から乳幼児・赤ちゃんまで便秘に効く便秘解消方法を紹介しています。
フレッツ光申し込みガイド
妊婦から乳幼児・赤ちゃんまで便秘に効く便秘解消方法を紹介しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ